トラブル防止や解決のために知っておくべき借地権のAtoZ

借地権の売却を考えているなら

借地権の買取に特化した不動産会社

マーキュリー
売 却 〇 非 訟 〇 相 続 〇
底 地 〇 国有地 〇 Q&A 〇
業種
不動産会社
特徴
世界最大規模の不動産ネットワーク、センチュリー21の加盟店。公式サイトで借地権売却の実績を多数掲載。
公式サイトで詳しく

借地権に関する法律相談なら

「借地相談室」を運営するベテラン弁護士

小堀球美子法律事務所
地 代 〇 相 続 〇 更 新 〇
増改築 ― 譲 渡 〇 Q&A 〇
業種
弁護士事務所
特徴
借地権の他、相続や遺言の問題に詳しい弁護士事務所。公式サイトとは別に「借地相談室」と銘打ったサイトも運営。
公式サイトで詳しく
借地権で悩む前にまず相談 » 底地 | 借地権のお悩み解決ガイド » 買い取って欲しいと言われた

買い取って欲しいと言われた

このページでは、地主から底地の買取要請を受けた場合、借地人が注意すべき点やトラブル対策などを紹介します。地主がどのような要請をしたか、事例をもとにして具体的なやりとりや対応などをご覧ください。

30年以上借りている底地の買取要請を受けた事例

底地の買取要請に対する説明イメージ最初の事例は30年以上、借地の家で暮らしてきた借地人が、地主から底地の買取を要請されたケース。提示された価格が高額だったこともあり、借地人としては現状のまま借地契約を継続したいと考えていて、買取を断ると土地の返還を要求されないかなど不安を感じて、専門家に相談したというわけです。

専門家の見解として、結論から紹介すると借地権契約を継続したいなら現状のままで問題はなく、土地を返還する必要はないというものでした。30年以上住んでいたことからその土地を借地人が使う必要性が高いということも含めて、借地権法律で保護されているというのが、その根拠となります。

買い取るにしても金額に納得がいかなければ応じる必要がなく、それに対して地主が立ち退きを要求する場合、法的には正当事由が必要となります。地代の滞納など借地人側に落ち度がなければ、立ち退くこともないでしょう。

ちなみに、底地価格の概算は以下で試算することができます。

公示価格は路線価の約80%、借地権価格はエリアによる違いがあり、首都圏の住宅地域では公示価格の50~60%が相場といわれています。

時価の半額での底地の買取要請を受けた事例

次の事例はいわゆる再建築不可物件の借地の家に住んでいて、地主から時価の半額での底地買取を要請されたケース。無道路地ということもあり、借地人としては時価の20~30%程度が相場ではないかと考え、専門家に相談しました。

これに対して専門家は、その土地が再利用可能かどうかによって金額は変動するとしています。無道路地でも時価の40~50%前後で取引されるケースもあるようで、地主の提示条件が必ずしも高いとは言い切れないのが実情。一方、借地人が生涯その土地に住みたいと考えているのであれば、底地買取は好機ともいえて、周辺不動産に強い専門家に相談することを提案しています。

一般論として、借地人にとって地主から底地の買取要請を受けるのはチャンスといえる面があり、条件が合えば検討するのがベター。その際、周辺相場やその土地の条件などをきちんと調査できる専門会社に相談すべきところです。当サイトではそうした専門会社をピックアップしているので、そちらも合わせてご覧ください。

借地権について安心して相談できる会社リスト
売却借地権のお悩み解決ガイド
増改築
建替え
借地権のお悩み解決ガイド
相続借地権のお悩み解決ガイド
更新借地権のお悩み解決ガイド
地代借地権のお悩み解決ガイド
底地借地権のお悩み解決ガイド
地主借地権のお悩み解決ガイド
損しないために知っておきたい借地権の基礎知識
        
借地権の悩み解決をサポートしてくれる業種とは?
借地権について安心して相談できる会社リスト
借地権や地上権、賃借権の最新コラム