トラブル防止や解決のために知っておくべき借地権のAtoZ

借地権の売却を考えているなら

借地権の買取に特化した不動産会社

マーキュリー
売 却 〇 非 訟 〇 相 続 〇
底 地 〇 国有地 〇 Q&A 〇
業種
不動産会社
特徴
世界最大規模の不動産ネットワーク、センチュリー21の加盟店。公式サイトで借地権売却の実績を多数掲載。
公式サイトで詳しく お問い合わせフォームへ

借地権に関する法律相談なら

「借地相談室」を運営するベテラン弁護士

小堀球美子法律事務所
地 代 〇 相 続 〇 更 新 〇
増改築 ― 譲 渡 〇 Q&A 〇
業種
弁護士事務所
特徴
借地権の他、相続や遺言の問題に詳しい弁護士事務所。公式サイトとは別に「借地相談室」と銘打ったサイトも運営。
公式サイトで詳しく お問い合わせフォームへ
借地権で悩む前にまず相談 » 相続 | 借地権のお悩み解決ガイド

相続 | 借地権のお悩み解決ガイド

このカテゴリーでは、親族の不動産で借地権の相続について悩んでいる借地権者向けにとるべき手段などを紹介しています。

借地人、地主それぞれの相続時に借地権はどうなる?

相続

契約期間が最低30年とかなりの長期間となる借地権は、親や親族から相続して継承した場合、契約条件などが記載されている書類がないということもしばしば。

契約当初のいきさつや細かい内容などがわからず、相続した側からすれば地主と面識がないというケースも少なくありません。例えば、自分の親が長年住んでいた借地権を相続した場合、相続人が住むのでなければどう処分すればいいのかも、すぐに判断がつかないことでしょう。

借地とはいえせっかく相続した「財産」ですから、無駄にはしたくないものですね。

そこで、カテゴリ内の各詳細ページでは借地人の見地に立って、借地人として借地権を相続した場合と、地主が相続によって代替わりした場合とに分けて、相談事例と対処方法などをまとめてみました。

どのケースにおいても、専門家に相談することで、的確なアドバイスを受けられています。

借地権を相続した

借地人が亡くなった時、借地人に代わって誰が借地を管理するのかによって借地の継承方法が大きく異なります。

法定相続人による継承だと借地権は相続となり、以前と同じ条件のまま継承されることになりますが、法定相続人以外による継承だと遺贈となります。

相続の場合は借地人の変更以外、特に条件が変わるわけではありませんので、地主の承諾は不要です。もちろん遺言や分割協議の内容にもよりますが、相続する場合は借地権譲渡に当たらないため、地主に対して承諾料や更新料といったコストが発生することはありません。

形式上、継承者が決まった次点で地主と新たな借地契約を結ぶことになりますが、書類上の手続きのみで、名義書換料などは一切不要です。

ただ、被相続人が地代や更新料、承諾料などを支払っていた事実がある場合は、引き続き相続人が支払っていく必要があります。

一方で、遺贈の場合は地主の承諾が必要となるなど、法定相続人が相続するケースとは条件が異なります。

単に承諾を得るだけにとどまらず、承諾料も発生するため、手間もお金もかかってしまうのです。

このように、借地人が死亡した後の借地の取り扱いや手続きは状況によって異なる点がいくつかあるわけです。

上でご説明したように法定相続人が相続する場合は手続きも簡易的ですので、比較的トラブルが起こりにくい傾向にあります。

ただ、相続に関しては実際に親が亡くなるまで詳しい知識を持っていない人が多く、親が借りていた土地をどうすればいいか?地主とどう交渉するべきなのか?など不安なこと、疑問に思うことはたくさんあるかと思います。

そんな時は一人で悩まず、専門家にアドバイスを求めましょう。借地にまつわる相談や依頼は決して少なくありませんので、プロの専門家ならひとりひとりのケースに合った適切な助言をしてくれるはずです。

専門家にアドバイスを求めるのは実際にトラブルが起こった時だけ…と思いがちですが、トラブルを未然に防ぐアドバイスもしてくれます。

現時点ではもめ事に発展していなくても、適切な対応を取らないと地主との間に摩擦が生じてしまう可能性もありますので、迷ったり悩んだりしたら速やかに専門家を尋ねてみましょう。

詳細ページでは借地権の相続に関して専門家に相談した事例を紹介しつつ、不安要因を解消するための手立てなども解説しています。

>>借地権を相続した

地主が代替わりした

相続

借地権は地主が相続などで代替わりしたとしても一定レベル保護される権利です。

それでも、新たな地主の考え方や価値観、借地人との相性によっては、従来の地主・借地人としての関係性が変わってしまうことも珍しくなく、ある日突然条件変更や契約解除を要求されるといったケースも見受けられます。

最も多いのは、相続によってかつての地主の子が代替わりしたケースです。親の意志を継いでこれまで通り地主として契約を締結してくれるのなら良いのですが、中には地主という立場に頓着せず、むしろ面倒な手間をかけるくらいなら土地を売ってしまった方が楽だと考える人も少なくありません。

実際、知らない間に地主が土地を業者に売却し、地権者が変わっていたという話もあるくらいです。

地主と借地人の関係が良好であればあるほど、借地人は現状に満足してしまい、契約もずっと続くものだと過信してしまいがち。しかし実際は地主が変わってしまうだけで、その後の契約に大きな支障が出てしまう可能性も十分考えられます。

特に相手が個人ではなく企業となると、かつての地主との関係などはまったく考慮してもらえず、ただ事務的に物事を進められてしまう恐れがあります。

そういった場合は専門家に相談し、現在通達されている内容や、自分は今後どうしたいのかなどの要望を具体的に伝えましょう。依頼主の目的に沿うよう適切なアドバイスを与えてくれるはずです。

他にも契約が切れていた借地権について、地主が一方的に契約を解除したいと申し出てきたなど、トラブルの火種はどこにどんな形で潜んでいるかわかりません。

基本的に地主側の一方的な主張は退けられるケースが多いのですが、これまでトラブルというトラブルに見舞われてこなかっただけに、借地人側も不意を突かれて右往左往してしまうことがあります。そこで押し切られてしまうと損害を被ったり、場合によっては住まいを奪われてしまう恐れも。

いずれのケースも大切なのはプロ同士で交渉してもらい、素人は手を出さないこと。直接やりとりすると状況が悪化してしまうので注意が必要です。

詳細ページでは代替わりした地主から厳しい要求をされた借地人の事例をピックアップして、交渉のポイントや専門家の見解などを紹介しています。

>>地主が代替わりした

借地権について安心して相談できる会社リスト
売却借地権のお悩み解決ガイド
増改築
建替え
借地権のお悩み解決ガイド
相続借地権のお悩み解決ガイド
更新借地権のお悩み解決ガイド
地代借地権のお悩み解決ガイド
底地借地権のお悩み解決ガイド
地主借地権のお悩み解決ガイド
損しないために知っておきたい借地権の基礎知識
        
借地権の悩み解決をサポートしてくれる業種とは?
借地権について安心して相談できる会社リスト
借地権や地上権、賃借権の最新コラム