トラブル防止や解決のために知っておくべき借地権のAtoZ

借地権の売却を考えているなら

借地権の買取に特化した不動産会社

マーキュリー
売 却 〇 非 訟 〇 相 続 〇
底 地 〇 国有地 〇 Q&A 〇
業種
不動産会社
特徴
世界最大規模の不動産ネットワーク、センチュリー21の加盟店。公式サイトで借地権売却の実績を多数掲載。
公式サイトで詳しく

借地権に関する法律相談なら

「借地相談室」を運営するベテラン弁護士

小堀球美子法律事務所
地 代 〇 相 続 〇 更 新 〇
増改築 ― 譲 渡 〇 Q&A 〇
業種
弁護士事務所
特徴
借地権の他、相続や遺言の問題に詳しい弁護士事務所。公式サイトとは別に「借地相談室」と銘打ったサイトも運営。
公式サイトで詳しく
借地権で悩む前にまず相談 » 相続 | 借地権のお悩み解決ガイド » 借地権を相続した

借地権を相続した

このページでは、法定相続人以外への遺贈もできる借地権について、相続する際に気を付けるべきポイントや対処などを紹介します。

相続と遺贈とで異なる借地権の継承方法

借地人が亡くなった時、借地権については主に以下の2パターンによってその権利が継承されます。

法定相続人が相続するケース

借地権の相続・遺贈の説明イメージ亡くなった借地人に法定相続人がいる場合、借地権はそのままの契約内容で継承されます。遺言や分割協議の結果にもよりますが、相続の場合は借地権譲渡にならないので、地主に対する承諾料更新料は発生しません。継承者が決まった段階で新しい借地人と地主とで借地契約を締結することになりますが、その際も名義書換料などは不要。一方、地代だけでなく更新料や承諾料で被相続人が支払っていた費用があれば、それは相続人が引き継いで支払う必要があります。

法定相続人以外に遺贈するケース

借地人の遺言書によって法定相続人以外に借地権を遺贈する場合は地主の承諾が必要となります。同時に承諾料も発生するなど相続とは手続きが異なります。なお、注意しておきたいのは、遺言書の内容として“遺贈する”と記述してしまうと、相続人であっても遺贈と見なされて承諾が必要となることを憶えておいてください。

事例から学ぶ、借地権の家の相続・遺贈に関する不安要因

借地権の相続に関する知識は一般に浸透していないのが実情でしょう。身内としてもいざという時にどう対処すべきか、以下の事例をご覧ください。

一人暮らしの高齢の父親が住む借地に関する相談事例

父親が住む実家は借地で、母親が亡くなってから一人暮らしの日々。2人の子供たちが相続や不動産管理に詳しい会社に相談をした事例を紹介します。相談者は借地権が相続できるか、可能な場合は地主の承諾が必要かを問い合わせました。専門家の回答は上で触れたように相続可能で承諾不要というもの。ただし、地主から名義変更承諾料請求されても応じないことや、遺贈も含めて贈与の場合は承諾が必要となるなど注意点も説明してくれました。

亡くなった父親の借地権を相続した際の相談事例

こちらの事例は父親がなくなり、その借地権の家に住みたいという相談。地主の承諾は不要であることの他に、借地権を相続によって取得したことを地主に通知して、建物の所有権を相続登記することに言及しています。

このように借地権の家を相続もしくは遺贈で継承する際は専門家に意見を求めれば安心できます。当サイトではそうした専門会社をピックアップしているので、そちらも合わせてご覧ください。

借地権について安心して相談できる会社リスト
売却借地権のお悩み解決ガイド
増改築
建替え
借地権のお悩み解決ガイド
相続借地権のお悩み解決ガイド
更新借地権のお悩み解決ガイド
地代借地権のお悩み解決ガイド
底地借地権のお悩み解決ガイド
地主借地権のお悩み解決ガイド
損しないために知っておきたい借地権の基礎知識
        
借地権の悩み解決をサポートしてくれる業種とは?
借地権について安心して相談できる会社リスト
借地権や地上権、賃借権の最新コラム