トラブル防止や解決のために知っておくべき借地権のAtoZ

借地権の売却を考えているなら

借地権の買取に特化した不動産会社

マーキュリー
売 却 〇 非 訟 〇 相 続 〇
底 地 〇 国有地 〇 Q&A 〇
業種
不動産会社
特徴
世界最大規模の不動産ネットワーク、センチュリー21の加盟店。公式サイトで借地権売却の実績を多数掲載。
公式サイトで詳しく

借地権に関する法律相談なら

「借地相談室」を運営するベテラン弁護士

小堀球美子法律事務所
地 代 〇 相 続 〇 更 新 〇
増改築 ― 譲 渡 〇 Q&A 〇
業種
弁護士事務所
特徴
借地権の他、相続や遺言の問題に詳しい弁護士事務所。公式サイトとは別に「借地相談室」と銘打ったサイトも運営。
公式サイトで詳しく
借地権で悩む前にまず相談 » 地代 | 借地権のお悩み解決ガイド » 値上げされた

値上げされた

このページでは、地主から借地の地代値上げを提示された場合、借地人として交渉時に注意すべき点やトラブル対策などを紹介します。

法律で定められた借地権の地代を値上げするための条件

地代値上げに関連する説明イメージ地主が借地人に対して地代の値上げをするには、借地借家法で定められた条件があり、借地人の同意を得る必要があるので、簡単に値上げを強要されるものではありません。まず、その3つの条件を紹介しておきます。

このように基本的には経済動向に影響する条件となっていて、デフレの日本でも都心部などは地代の値上げを迫られる可能性がないとはいえません。もし、地主との交渉で折り合いがつかない場合、従来の地代を支払うようにして、もしそれを地主が受取拒否したとしても供託することで契約解除の防止になることは知っておいてください。

地代の値上げに同意できず、借地人が地代を供託する方法

実際に、地代の値上げ要求を受けた借地人が専門家に地代の供託方法について問合せをした事例を紹介しておきましょう。以下は専門家による見解です。

地主が地代の受取を拒否した場合、地代を供託することによって借地人には契約を継続するという意思表示の意味合いを持つことになります。値上げ額に同意していなければ金額は現状の地代で、所管の法務局などに供託すると地代の未払いではなくなります。和解に至って、借地人が供託金を払い戻す手続きは取戻しといって、当事者の実印・印鑑証明・住民票が必要となります。借地人が受け取るのは日本銀行発行の小切手で、地代支払いの証明にもなるのできちんと保管しておくことです。

借地人としても多少の値上げは同意できるでしょうが、地主側の事情が変わるなどすれば、それまでの関係性などは考慮せずに、高額な値上げを要求されることも十分に考えられます。こうしたケースでは、地主と交渉する前に専門家の意見を聞くのがいいでしょう。当サイトではそうした専門会社をピックアップしているので、そちらも合わせてご覧ください。

借地権について安心して相談できる会社リスト
売却借地権のお悩み解決ガイド
増改築
建替え
借地権のお悩み解決ガイド
相続借地権のお悩み解決ガイド
更新借地権のお悩み解決ガイド
地代借地権のお悩み解決ガイド
底地借地権のお悩み解決ガイド
地主借地権のお悩み解決ガイド
損しないために知っておきたい借地権の基礎知識
        
借地権の悩み解決をサポートしてくれる業種とは?
借地権について安心して相談できる会社リスト
借地権や地上権、賃借権の最新コラム