トラブル防止や解決のために知っておくべき借地権のAtoZ

借地権の売却を考えているなら

借地権の買取に特化した不動産会社

マーキュリー
売 却 〇 非 訟 〇 相 続 〇
底 地 〇 国有地 〇 Q&A 〇
業種
不動産会社
特徴
世界最大規模の不動産ネットワーク、センチュリー21の加盟店。公式サイトで借地権売却の実績を多数掲載。
公式サイトで詳しく

借地権に関する法律相談なら

「借地相談室」を運営するベテラン弁護士

小堀球美子法律事務所
地 代 〇 相 続 〇 更 新 〇
増改築 ― 譲 渡 〇 Q&A 〇
業種
弁護士事務所
特徴
借地権の他、相続や遺言の問題に詳しい弁護士事務所。公式サイトとは別に「借地相談室」と銘打ったサイトも運営。
公式サイトで詳しく
借地権で悩む前にまず相談 » 借地権で悩む地主さんはこちら » 底地を売りたい

底地を売りたい

このページでは、借地として貸している底地を売却したい場合、地主が注意すべき点やトラブル対策などを紹介します。

誰の承諾を得る必要もない、地主の底地売却

底地売却の説明イメージ自分の土地を借地人に貸して借地権契約を締結している場合、地主としては地代の値上げや立ち退き要求など、借地人の同意を得ずに行うことは原則的にできません。一方、借地として貸している土地であっても、底地を売却する場合、必ずしも借地人の承諾を得る必要はなく、借地人に売ることもできますし、第三者に売ることもできます。一般的には借地人が第一候補になるケースが多いでしょうが、底地買取を得意とする不動産会社なども十分候補になり得ます。不動産会社の場合、直接買取と仲介のどちらも相談できるでしょう。

借地権契約は数十年の長期間になるケースが多く、地主としても経済状況などが変化することもあり、地代の値上げ交渉をするより、底地売却する方が手間もかからないのがメリットともいえます。

事例から学ぶ、地主が底地売却する際の注意点

地主が底地を売却するにあたって、注意すべきポイントなどを弁護士事務所に相談した事例をもとに紹介していきます。

底地を第三者に売却した場合、地代の受取人は新地主になる

借地人が住んでいる底地を第三者に売却しようと検討している地主が、新しい地主は地代の請求ができるのかを確認したケース。弁護士の回答では、土地の所有権移転登記後に新地主が借地人に対して地代請求できるとしています。また、借地人に対する事前通知などは不要ですが、地主が変わったからといって借地権登記している借地人に対して明け渡し要求をすることはできません。

借地の建物に借地人以外の所有者が登記されていても売却可能

借地に建っている家の名義が借地人でない場合、建物登記がされていても、その借地権は第三者に対して主張することができない可能性が高そうです。判例でも、借地人が建物の名義を自分の子にしていたケースで、底地を第三者に売却した際、新地主に対する借地権の主張を認めなかったことがあります。

底地売却は地主主導でできることですが、第三者に売却する場合は買い手や借地人に迷惑をかけないように配慮したいもの。当サイトではそうした対応ができる専門会社をピックアップしているので、そちらも合わせてご覧ください。

借地権について安心して相談できる会社リスト
売却借地権のお悩み解決ガイド
増改築
建替え
借地権のお悩み解決ガイド
相続借地権のお悩み解決ガイド
更新借地権のお悩み解決ガイド
地代借地権のお悩み解決ガイド
底地借地権のお悩み解決ガイド
地主借地権のお悩み解決ガイド
損しないために知っておきたい借地権の基礎知識
        
借地権の悩み解決をサポートしてくれる業種とは?
借地権について安心して相談できる会社リスト
借地権や地上権、賃借権の最新コラム