トラブル防止や解決のために知っておくべき借地権のAtoZ

借地権の売却を考えているなら

借地権の買取に特化した不動産会社

マーキュリー
売 却 〇 非 訟 〇 相 続 〇
底 地 〇 国有地 〇 Q&A 〇
業種
不動産会社
特徴
世界最大規模の不動産ネットワーク、センチュリー21の加盟店。公式サイトで借地権売却の実績を多数掲載。
公式サイトで詳しく お問い合わせフォームへ

借地権に関する法律相談なら

「借地相談室」を運営するベテラン弁護士

小堀球美子法律事務所
地 代 〇 相 続 〇 更 新 〇
増改築 ― 譲 渡 〇 Q&A 〇
業種
弁護士事務所
特徴
借地権の他、相続や遺言の問題に詳しい弁護士事務所。公式サイトとは別に「借地相談室」と銘打ったサイトも運営。
公式サイトで詳しく お問い合わせフォームへ
借地権で悩む前にまず相談 » 増改築・建替え | 借地権のお悩み解決ガイド » 増改築したい

増改築したい

このページでは、特約や承諾など、借地権付きの家を増改築・リフォームする際に気を付けるべきポイントや解決策を紹介します。

増改築やリフォーム時に注意すべき借地権のポイント

借地権とリフォームの関係の説明イメージ一般的な借地権契約では大規模修繕となる増改築には地主の承諾が必要で、小規模修繕については契約上の禁止条項に盛り込まれていたとしても無効になるとされています。こうした禁止条項は特約とされている場合もあり、大規模修繕に関する特約は借地借家法で禁じられておらず、小規模修繕なら禁止すること自体が無効となるわけです。

修繕の大規模と小規模の線引きについては一概にいえませんが、経年劣化に伴う修理などは地主の許諾なしに行うことができると考えていいでしょう。

一方、増改築をするには地主の承諾が必要となります。増築とは、建物の床面積が増えるようなケースで、敷地内に付属建物を建てる場合も含まれます。改築は建物の一部もしくは全部を立て直すことで、柱などの主要構造物を変更する場合、改築と見なされることもあります。増改築する際には地主に増改築承諾料を支払うなど、きちんと手順を踏んで進めることが無用なトラブル防止になるでしょう。増改築承諾料の相場は借地権の2~5%といわれ、どうしても地主が承諾してくれない場合、着工前に裁判所に訴え出て許可を求める方法もあります。ただし、裁判所が許可を出すにあたっても増改築承諾料の支払いは必要なので、できるだけ円満に交渉を進めたいところです。無断で増改築してしまうと、地主は借地権契約を解除することもできるので注意してください。

借地権におけるリフォームと改築の判断基準

借地人として気になるのは小規模修繕なのか改築に該当するのかという点。これについては改築と判断された事例を紹介しておきましょう。

借地人と地主とで折り合いがつかない場合、裁判所の判断を仰ぐことになり、微妙な工事だと弁護士でも容易には判断がつきません。特に修理か改築か区別しにくい場合は、地主との交渉も含めて専門知識とノウハウを持つ会社にサポートしてもらうのが賢明です。当サイトではそうした専門会社をピックアップしているので、そちらも合わせてご覧ください。

借地権の家をリフォームする際に注意するべきポイント

トラブルを予防するために、実際に遭ったリフォーム事例を通して借地権の家をリフォームする際に注意するべきポイントを押さえておきましょう。

「契約書の確認」を怠ってしまったせいであわや契約解除に

契約書Aさんは、実家の老朽化にともなって家の建て替えをすることにしました。しかし、実家がある土地は借地だということは知っていましたが、地主のBさんとは古くからの知り合いだからと、無断でリフォームをしてしまったのです。

すると、ある日Bさんから連絡があり「あの土地は増改築するとき許可を取るように契約書に書いてあっただろう!ルールを守ることができないなら出ていってくれ」と言われてしまいました。

慌てて土地の契約書を確認したところ、たしかに「増改築禁止特例」という内容があります。

結局、何度も地主のBさんの元へ謝罪に行って契約解除は回避できましたが、一歩間違えると実家に住んでいる両親が追い出されるところでした。

このように、いくら見知った仲であっても借地の家をリフォームする場合は契約書の確認が必須です。

リフォーム計画は土地の持ち主へ正確に伝えるべき

Cさんは、自宅の雨漏りを直そうと地主のDさんへ連絡を取り、無事承諾を得てから工務店へ相談に行きました。

しかし、あれこれ自宅の問題を相談している内に「この際だから気になる場所はまとめて直してしまおう」と考え、外壁の補修に再塗装、部屋の増築などかなり大規模なリフォーム計画に変更。

ギリギリまでリフォーム計画の調整をしていたので、地主Dさんへの連絡は施工の前日になってしまいました。

しかし、元々雨漏り程度のリフォームだと思っていたDさんは連絡を受けてびっくり仰天。

かねてから土地の売却話をもちかけられていたこともあって、「そんなに大きなリフォームをするなら、同じ広さの土地があるからそちらに移ってほしい」と工事の差し止めを求めました。

リフォーム計画の変更があった時点でBさんがDさんへきちんと連絡していれば、工事の延期や中止以外の方法を取ることができたでしょう。こまめで正確な連絡が大切です。

「法律上のルール」を知らないとトラブルになる

Eさんは、安く販売されている古民家を買い取って建て替えることにしました。

しかし、よくよく調べてみると土地は公道に接していない「再建築不可」の土地だったのです。建て替えができないのでリフォームするしかありませんが、リフォームをするためには地主の承諾を得る必要があります。

結局、承諾料や大規模リフォームの料金を考えると出費がかさんでしまいました。

増改築の結果、建ぺい率や容積率をオーバーすると家は違法建築になります。

古い家をリフォームする場合は現行の建築基準法や耐震性能に合わせた改修をしなければならないなど、土地に関する法律上のルールを知らないと思わぬトラブルになってしまうのです。

リフォームをする場合はその借地がどういう土地なのか、しっかりと調べておきましょう。

融資の許可を受けられず資金繰りが大変に

Fさんは、地主のGさんから承諾を得て自宅の建て替えをする予定です。

建て替えとなると貯金ではお金が足りないので、金融機関でローンを組もうと相談に行ったところ、「地主の方から融資の承諾書にサインをもらってください」と言われてしまいました。

早速地主のGさんに融資承諾書のことを話してみると、「そんな書類にはサインしない!」と断固拒否。

ローンが組めなくなってしまったFさんは、結局家族からなんとかお金を用立ててもらってリフォームを実施したのです。

借地権のある家のリフォームでローンを組む場合、地主からリフォームの承諾とはべつに融資の承諾を得る必要があります。

しかし、地主側としてはローンの返済が滞ったとき土地を担保として差し押さえられてしまうリスクがあるため、融資の承諾を断る人も少なくありません。

融資の承諾が得られるように書類をまとめてもっていくなど、ローンを組む人は地主との交渉を踏まえて事前準備を大事にしましょう。

借地権について安心して相談できる会社リスト
売却借地権のお悩み解決ガイド
増改築
建替え
借地権のお悩み解決ガイド
相続借地権のお悩み解決ガイド
更新借地権のお悩み解決ガイド
地代借地権のお悩み解決ガイド
底地借地権のお悩み解決ガイド
地主借地権のお悩み解決ガイド
損しないために知っておきたい借地権の基礎知識
        
借地権の悩み解決をサポートしてくれる業種とは?
借地権について安心して相談できる会社リスト
借地権や地上権、賃借権の最新コラム