トラブル防止や解決のために知っておくべき借地権のAtoZ

借地権の売却を考えているなら

借地権の買取に特化した不動産会社

マーキュリー
売 却 〇 非 訟 〇 相 続 〇
底 地 〇 国有地 〇 Q&A 〇
業種
不動産会社
特徴
世界最大規模の不動産ネットワーク、センチュリー21の加盟店。公式サイトで借地権売却の実績を多数掲載。
公式サイトで詳しく

借地権に関する法律相談なら

「借地相談室」を運営するベテラン弁護士

小堀球美子法律事務所
地 代 〇 相 続 〇 更 新 〇
増改築 ― 譲 渡 〇 Q&A 〇
業種
弁護士事務所
特徴
借地権の他、相続や遺言の問題に詳しい弁護士事務所。公式サイトとは別に「借地相談室」と銘打ったサイトも運営。
公式サイトで詳しく
借地権で悩む前にまず相談 » 借地権の悩み解決をサポートしてくれる業種とは?

借地権の悩み解決をサポートしてくれる業種とは?

このカテゴリーでは、不動産会社や弁護士事務所といった借地権の悩みに対応してくれる専門職について紹介しています。

専門性の高い不動産会社や弁護士事務所に借地権の悩みを相談

借地権は不動産市場の中で見るとボリュームが小さく流動性も低いため、そもそも取り扱っている事業者自体があまり多くはありません。また、数十年単位で契約しているケースがほとんどのため、取引するシーンも少ないのが実情です。

そうした背景もあって一般人だけで借地権の問題を解決するのは、限りなく不可能に近いといえます。そこで頼るべきは不動産会社や弁護士といった、不動産取引や土地に関する法律問題のエキスパートたちです。

借地権がいらなくなった場合には?

借地権には新法と旧法それぞれに、当事者間で決めた存続期間や法定期間があります。ところで借地権自体が不要になってしまった場合、どのような方法をとればいいのでしょうか。

借地権を売却したいと考えた場合、売る相手として最も多いのは地主です。借地権が必要なくなったため売却したい旨を地主に伝え、売却価格を話し合っていくことになります。そして、地主以外へ借地権を売却したいと考える場合も、当然地主の許可が必要です。

借地権はそもそも、土地は誰かの物なのに建物は自分の物という複雑な状況です。せっかくいい関係を築いてきた地主側と、売却の際に意見のすれ違いによるトラブルが起こることも少なくありません。トラブルの原因となるのはやはり、売却価格によるものが大きいと言えます。

借地権の一般的な売却価格は、更地の70%であると言われています。ですが、よく調べもせずに売却価格を提示すると、地主の心証を損ねることがあります。売却価格の提示はかなり慎重におこなった方がいいということを念頭に置いておくことが無難です。

プロによる査定を使うべき

借地権の適切な売買価格を知るためには、やはりプロの手による査定を受けることが必要です。不動産会社に相談することも一般的ですが、なかには適当な不動産会社から査定を受けてしまったがために、トラブルに巻き込まれてしまうという事例も存在します。会社によって言っていることが異なるため、どちらを参考にしていいかわからないこともあるでしょう。

例えばとある不動産会社では、高値で売れる査定を受けた場合でも、他の不動産会社の査定を受けると売値がほとんどつかない判断をされてしまうケースも。このようなとき、素人ではどちらの言うことを信じていいのかまったく判断がつかず、混乱してしまうケースも少なくはありません。

正しい査定を受けるためには、借地権売買に精通した不動産会社や、不動産鑑定士、弁護士などの専門家の意見を聞くことが最もおすすめです。以上の専門家に相談すれば、実際の売却価格を適正に判断してくれます。

借地権の売買を取り扱っている不動産会社は多く存在します。ただし、その実績に乏しい会社だとまったく的外れなアドバイスされることも。不動産会社で相談して借地権を売却する場合には、まず信頼できる不動産会社を探すことから始めるのが重要。地権売買の実績が多く、専門的な知識に精通している会社を選びましょう。

借地権に精通している不動産会社を選ぼう

不動産会社以外には、不動産鑑定士や、適正な目線からのアドバイスがもらえる資産コンサルティング会社、不動産関係に強い弁護士事務所などが相談先としておすすめです。いずれにせよ実績を重視して、正しい判断を仰げるところを選ぶようにしましょう。

借地権取引に長けた不動産会社であれば、法的手続きのサポートをするために、各種士業との連携がとれる会社もあります。弁護士事務所より相談のハードルは低くなるのではないでしょうか。

詳細ページでは、不動産会社と弁護士事務所について説明しているのでぜひともご覧ください。

不動産会社

借地権の売却にあたって専門とする不動産会社ならどのような対応をしてくれるのか、特徴的なサービスなどを紹介しています。売却に至る具体的なシーンも取り上げているので、今の借地をどうすべきか悩んでいるなら参考になると思います。

弁護士事務所

借地権に関する法律は平成4年8月1日以降、今の法律に改正されています。ただし、それ以前に締結された契約なら旧法が適用されるなど、専門知識がなければ適切な対応ができません。トラブル解決の手段となる借地非訟という制度の利用も含めて、弁護士事務所に相談すべきポイントをまとめてみました。

借地権について安心して相談できる会社リスト
売却借地権のお悩み解決ガイド
増改築
建替え
借地権のお悩み解決ガイド
相続借地権のお悩み解決ガイド
更新借地権のお悩み解決ガイド
地代借地権のお悩み解決ガイド
底地借地権のお悩み解決ガイド
地主借地権のお悩み解決ガイド
損しないために知っておきたい借地権の基礎知識
        
借地権の悩み解決をサポートしてくれる業種とは?
借地権について安心して相談できる会社リスト
借地権や地上権、賃借権の最新コラム