トラブル防止や解決のために知っておくべき借地権のAtoZ

借地権の売却を考えているなら

借地権の買取に特化した不動産会社

マーキュリー
売 却 〇 非 訟 〇 相 続 〇
底 地 〇 国有地 〇 Q&A 〇
業種
不動産会社
特徴
世界最大規模の不動産ネットワーク、センチュリー21の加盟店。公式サイトで借地権売却の実績を多数掲載。
公式サイトで詳しく

借地権に関する法律相談なら

「借地相談室」を運営するベテラン弁護士

小堀球美子法律事務所
地 代 〇 相 続 〇 更 新 〇
増改築 ― 譲 渡 〇 Q&A 〇
業種
弁護士事務所
特徴
借地権の他、相続や遺言の問題に詳しい弁護士事務所。公式サイトとは別に「借地相談室」と銘打ったサイトも運営。
公式サイトで詳しく
借地権で悩む前にまず相談 » 借地権や地上権、賃借権の最新コラム » 借地権買取の流れ

借地権買取の流れ

借地権を借地権者から買い取る場合には、通常の土地取引とは違ったハードルを超えなければなりません。 この記事では、借地権を買い取る際の流れをご紹介します。

ただ、ここで紹介する内容はあくまで一般的な傾向です。不動産は1つ1つが一点物なので、契約の内容やステップも個別に違います。

実際に借地権の買取を行いたい場合や、借地権を買い取ってもらいたい場合は、経験のある専門家に相談しましょう。

地主の意向を確認する

借地権の買取まで

借地権の売買については、借地権だからといって借地権者の承諾を得るのではなく、地主の承諾が必要不可欠です。

そのため、まずは借地権者本人よりも地主の意向を確かめなければなりません。このハードルが高いのです。

例えば地主に借地権を更新する意向がなく、土地を返して欲しいと思っている場合もあるでしょう。

地主自身が借地権の買取を考えている場合もあります。こういった場合、どれだけ借地権者に買取の意思があっても話が先に進みません。

中には借地権買取のために査定を行った段階で、地主の方からクレームが出ることもあります。とにもかくにも地主の意向を確認しなければ、今後の動きを決められません。

ただ、確認した時点で態度を硬化させる地主の方もいます。場合によってはこの段階から交渉に長けた業者を挟むのが得策です。

査定を行う

地主の意向を確認できたら物件の査定を行い、地主の意向に沿った承諾を得られるような条件を考えます。

査定には業者の協力が不可欠です。無料査定を行っている業者もあるので上手に利用しましょう。

ただ、借地権に詳しくない業者だと丼勘定で査定されてしまうこともあります。

借地権の買取を考えた場合は、できるだけ借地権の取り扱い実績のある専門の業者に依頼するようにしてください。

地主との条件交渉

査定を行っただけでは条件交渉の道半ばです。地主の承諾を得る際には、承諾料を支払わなければいけないケースも多くあります。

承諾料は法的に決められた額というものがなく、大体の相場を考えて当事者間で決めなければなりません。不確定なところがある分、揉める点が多いのです。

とにかく地主に承諾を得なければ話が進まないので、契約の当事者双方で折り合いを付けられる条件に落とし込む必要があります。

最初に述べたように、不動産はそれぞれが一点物です。

個々の不動産の場所や周辺環境など、その不動産特有の状況を見極めて契約内容を精査する必要があります。

素人には難易度が高いので、プロの力を借りるべきでしょう。

地主の承諾が得られない!

地主によっては絶対に承諾をしない人もいます。そういった場合は裁判所で借地非訟手続をすることによって承諾を得ることも可能です。

ただし、この方法は時間がかかります。1年程度は見込んでおく必要があるでしょう。

裁判に委ねることによって、地主との人間関係にヒビが入ることも覚悟しておかなければなりません。

なお、借地非訟に訴え出る場合は借地権の買主が決まっていなければなりません。

今回は借地権買取について述べているので、買主は決まっていることが多いと思いますが、売却手続の場合は買主が未定のこともあります。この点にも注意しておきましょう。

地主の承諾が得られたら

賃借権の交渉がまとまったら

キーマンとなる地主の承諾を得ることが出来たら、借地権の買取に移行します。

交渉で決めた契約内容をお互いに履行することになるので、それほど揉めるフェーズではありません。とはいえ、実際の履行や手続きに際して不明点が出ることもままあります。

最後の詰めを誤らないためにも、専門家に相談しながら丁寧に行いましょう。

借地権買取にプロは必要?

各ステップでプロや専門家の必要性を記載してきましたが、借地権買取には難しい課題がたくさんあるため、プロの業者による協力は不可欠と言えます。

法的知識を問われるのは当然として、高い交渉能力も問われますし、不動産についての深い知識や商取引のキャリアも必要です。

素人が独学で行うには超えなければならないハードルが多いので不動産業者に任せた方が無難です。

どの不動産業者でもいいというわけではなく、借地権取引に精通した専門の業者を選ぶと、トラブル発生のリスクを抑えられます。

プロに頼むとお金がかかると言って自力で借地権買取に乗り出す人もいますが、大抵失敗して業者に依頼することになります。

結局頼むのであれば、初めから専門家に依頼した方が良いでしょう。

まとめ

借地権の買取を考えた場合、地主がキーマンとなります。

地主の意向を最大限に汲み取らなければ、どれだけお金を積んでも借地権の買取に必要な承諾を得ることができません。

借地権の買取を進める上で大切になるのが交渉能力と専門知識ですが、これらは経験や実績に裏打ちされる部分も大きいため、およそ素人が持ち合わせているものではありません。

借地権買取の際には、必ず信頼と実績のある専門の業者に相談してください。

借地権について安心して相談できる会社リスト
売却借地権のお悩み解決ガイド
増改築
建替え
借地権のお悩み解決ガイド
相続借地権のお悩み解決ガイド
更新借地権のお悩み解決ガイド
地代借地権のお悩み解決ガイド
底地借地権のお悩み解決ガイド
地主借地権のお悩み解決ガイド
損しないために知っておきたい借地権の基礎知識
        
借地権の悩み解決をサポートしてくれる業種とは?
借地権について安心して相談できる会社リスト
借地権や地上権、賃借権の最新コラム